Depot FXは悪質なFX情報会社?返金方法は?

Depot FXは悪質詐欺!?返金可能!?

名称 Depot FX
運営会社 不明
関連人物 不明
所在地 1700 Broadway, Denver, CO, United States
電話番号 不明
メール info@depotfx.com
URL https://depotfx.com/?fbclid=IwAR0AIY13Z6_XsoFAI71TVEWtXd5id8MKslOX1EK-xzoE5BI5oGDjihqumJs
事業内容 FX情報サイト
 

 

詐欺 返金 無料 相談

 

Depot FXは運営会社が不明の海外のFX情報サイト。

ネットでDepot FXについて調査してみたところ、Depot FXのドメイン取得日は「2023年6月2日」とまだ販売ページが作成されて日が浅い事が分かっています。

しかし、サイト内に掲載されている文章では、

Depot FXの公式サイトより

In 2015, we started with a simple mission — to make trading easy and accessible for everyone. Today, Depot FX has evolved into a one-stop solution for all trading needs.

2015 年、私たちは取引を誰にとっても簡単でアクセスしやすいものにするというシンプルな使命を掲げてスタートしました。 現在、Depot FX はあらゆる取引ニーズに対応するワンストップ ソリューションに進化しました。

かなり日付けに差があるのですが、もしかするとFX情報会社としての老舗感を出すために嘘をついている可能性すらありそうです。

国内にある金融庁に無登録の会社でも、上記のような創立日のカサ増し手口は常習的に使われており、利用者からしてみれば「昔からある会社みたいだし大丈夫かな?」と勘違いし、まんまと悪質行為に浸かってしまう傾向にあります。

ちなみに、海外FX検索サイトでDepot FXについて調べてみましたが、Depot FXの情報は一切ヒットすることなく、会社としての登録すら行われていない始末。

サイト名は分かっても、運営情報が所在地以外公開されていませんし、Depot FXでサービスの提供を行う会社が本当にあるのかすら定かではありません。

まともな会社であるならば、運営会社名、所在地、電話番号、メールアドレス等の特商表記を公開することなど当たり前ですし、Depot FXには何か隠さなければいけない理由でもあるのでしょうか。

ちなみに、まだ販売サイトが出来て日が浅いだけに、ネット上にDepot FXを評価する口コミ評判が殆ど無いことも気がかりです。

サイト内には、「2015年から稼働している」と掲載されていましたが、ここまでコメントが過疎っているFX情報サイトもまた珍しい気すらします。

もしかすると、Depot FXを利用している人はほとんどいないのかもしれません。

 

Depot FXの返金方法

Depot FX 詐欺 口コミ 評判 返金 

FX情報サイトDepot FXの返金方法について説明して参ります。

Depot FXの返金の流れ

  1. 無料相談LINEを友だち追加
  2. 相談フォームに被害内容を入力
  3. 無料調査開始
  4. 法律に基づいた無料返金サポート
  5. 返金完了

悪質詐欺サイトに支払ってしまった料金の返金請求をお求めの場合は、まずは無料LINE相談で被害内容をご相談ください。

対象のサイト(運営者)の調査まで無料で行うことが可能です。

無料調査結果から、詐欺の可能性・返金の可能性が判明した場合には、法律に基づいた返金サポートを無料で行うことが可能です。

無料LINE相談

・悪質詐欺サイトに払ったお金は取り戻せます。
・一人で悩まずにお気軽にご相談下さい。
無料LINE相談は完全無料でご利用頂けます。

 

Depot FXの口コミ評判

  • 口コミ投稿・情報提供をお待ちしております。
  • 被害者様同士の情報共有にもご利用頂けます。
  • 返金希望の方は無料LINE相談をご利用ください。
Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

詐欺返金請求ナビ
Average rating:  
 0 reviews

詐欺 返金 相談 無料

友だち追加後に無料返金相談フォームが届きます


 

[当サイトのへのリンク・引用について]

当サイトへのリンク及び当サイトに掲載している情報の引用はご自由にどうぞ。
詐欺被害の防止・対策・注意喚起・情報共有など悪質サイト被害の抑止のためにご活用頂けましたら幸いです。
各種メディア媒体様、ブロガー様、一般個人の方など誰でもご自由に、ご自身のサイトやブログ、SNS(インスタグラム・フェイスブック・LINE)などに当サイトへのリンク・掲載されている情報の引用をご自由に行って頂いて構いません。